お電話での石に関するお問い合わせ
お墓や建築資材のお問い合わせ
  1. トップページ
  2. 飛騨のいしやさ日記 2018
飛騨のいしやさ日記
飛騨のいしやさ日記
飛騨のいしやさ日記
「洋碑のデザイン」
2018.02.09
近年、洋型の墓石を建てる方が増えています。色、形、彫刻などの自由度が高いため、選択によって他のお墓と被らないようなお墓にすることができます。石の色を緑系や赤系で建てられた方や、お墓の形を自然石っぽい割肌仕上げにされたお客様もいらっしゃいました。

割肌仕上げの洋碑 割肌仕上げの洋碑 割肌仕上げの洋碑
彫刻を入れられる方も増えています。お花、お魚、山の彫刻など、様々な彫刻がありました。故人の方が釣りが好きだったからお魚を彫ったり、お花が好きだったからお花を彫ったりと、彫刻によって思いを込められる方もいらっしゃいました。

お墓の彫刻 お墓の彫刻 お墓の彫刻
正面に彫る文字も、様々な言葉が選ばれています。縁・真心・やすらぎなど…どの言葉も気持ちが和らぐ言葉です。こだわって建てたお墓だと、お参りに行くのも楽しくなりそうですね。

墓石に刻む文字 墓石に刻む文字 墓石に刻む文字
でも…色も彫刻も文字も「自由」と言われると逆に迷ってしまうかもしれないですね。そんな時は、どうぞお気軽にご相談ください。砂原石材ではお客様と相談しながら、一番良い提案をさせていただきたいと思っております。
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「一級技能検定(石張り作業)合格!」
2018.02.06
一級技能検定(石張り作業)合格弊社社員の圓山が、国家資格の一級石材技能検定(石張り作業)に合格しました。

この一級石材技能検定では、建物の壁に板石を張り付ける作業技術の「正確さ」と「時間」が試されます。一級の受験には7年以上の実務経験、または二級合格後2年以上の実務経験が必要となります。試験では問題の図面が渡され、図面通りに仕上げなければなりません。建築法で色々規格が決まっていて、そこから外れたりすると減点対象になります。

圓山に感想を聞いたところ「試験中は時間制限もあるし、とにかく緊張した」とのことでした。でも標準時間内に作業を終わらせることができ、無事合格をいただいたそうです。これで圓山も「一級石材施工技能士」を名乗ることができます。

今回の試験は(同じ会場では)15名が受けて、そのうち3名だけが合格したとのこと…飛騨でもこの資格を持っている人は数えるほどしかいないようです。弊社では2人目となりますが、飛騨に数名しかいない資格を弊社で2人も持っていることはすごいことだと思いました。
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「溶岩石フラワーポット」
2018.02.02
溶岩石のフラワーポット弊社では溶岩石を加工して鉢を作っています。植物と石の鉢は相性が良く、見た目にとても癒されます。溶岩石の鉢は水はけが良く、根腐れしにくいです。細かい穴がたくさん開いていて、水が穴から出てくるからです。見た目にも素敵ですが、良い機能も備えているのですよ。

植えられる植物の大きさに限りはあると思いますが、どんな種類のお花でも似合うと思います。「お花を植えるにはちょっと小さいかな?」というプチサイズには、小さな観葉植物を植えると可愛らしいです。個人的にサボテン育成にハマっているので、サボテンが可愛くておすすめです。

溶岩石のフラワーポット 溶岩石のフラワーポット 溶岩石のフラワーポット
小さな鉢にはサボテンやお花が咲かない植物しか植えていないのですが、暖かくなったら今空いている鉢のいくつかにも何かお花を植えようと思っていますので、ぜひショールームまで見に来てくださいね。どんなお花にしようか今から楽しみにしています。
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「ペットのお墓」
2018.01.30
ペットのお墓ご来店されるお客様で、ペットのお墓を作って欲しいと言われる方がいらっしゃることもございます。ペットを家族同然だと思っている飼い主様にとっては大切な存在となりますので、ちゃんと供養してあげたいですよね。

ペットのお墓の作る場合、形などは自由なので様々です。人間のお墓を小さくしたようなお墓にする方もいらっしゃいます。
ペットのお墓 ペットのお墓また、ペットの写真を彫刻したお墓にされる方もいらっしゃいます。「影彫り」という彫刻方法は、写真と全く同じに彫れるわけではありませんが、写真に近くリアルに彫ることができます。
ペットのお墓 ペットのお墓彫刻品をそのままお墓にすることもあります。存在感があるので、お墓参りに行ったときにペットの形があると、嬉しく感じることもあるのではないかと思います。
ペットのお墓私も16年ほど飼っていた猫が死んでしまったとき、猫の形のお墓を作ってもらいました。元々あった猫の彫刻品を、飼っていた猫に似せた模様に加工してもらいました。お墓参りに行くと、生きていたころにやっていたようにいつも撫でてしまいます。猫を飼っていたことも眠っている場所も忘れることは無いですが、やっぱり形があるのと無いのでは気持ちが違ったような気がします。

幸せな時間をくれたことも、大切に思う気持ちも忘れたくありません。お墓があると、お墓参りに来る度にその気持ちを思い出せます。そして猫の生きていた証を残せるようにも感じるので、作ってもらってよかったと思いました。お墓の意味ってそういうところにもあるのだなと改めて感じました。
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「ブロック積み作業」
2018.01.26
ブロック積み作業 ブロック積み作業こちらはブロック積みの工事の様子です。ブロックを天井まで積むのですが、上の方のブロックを積むには足場を組んでやらなければいけないので少し大変ということでした。

いつも思うのですが、幅の狭い足場に乗って作業する職人さんは器用ですね。私は歩くだけで精一杯な気がします。職人さんはもう慣れているから大丈夫なんですかね…でも気を付けてくださいね!

ブロックは各部屋の仕切りになっているようです。全部で3000個くらい積まなければいけないとのことです。写真で見えるところだけでも、たくさん積んであってブロックの壁ができています。根気がいりそうな作業ですが、頑張ってください!

ブロック積み作業 ブロック積み作業 ブロック積み作業
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「いろいろなものを焼いていただいています」
2018.01.23
美味焼美味焼を購入して下さったお客様から、自分が思いつかなかった使用方法や、食材を教えてもらえることがあります。お客様のお声を送ってくださった岐阜県飛騨市のO様はご使用された時のお写真を何枚か送ってくださいましたが、それを見た時に「焼きそばも焼けるのか!」と感動しました。

私は普通にお肉やお野菜を焼くことしか考えていなかったので、美味焼で焼きそばを焼くという発想がなかったです。そして、すごく美味しそうで「これは是非試したい!」と思いました。
美味焼また、岐阜県のT様も色々試してくださって、折に触れて「こんな食材を焼いてみた」というご報告をしてくださいます。先日はお菓子のカントリーマアムを焼いたら美味しかったと教えてくださいました。お菓子を焼くのも面白そうですね! 色々お試しいただいて楽しんでいただけているなら嬉しいです。報告していただきありがとうございました。

ちなみに私がオススメするのは焼き鳥です。是非試していただきたいです!(^^)/ あと、アボカドを焼いたのも意外に美味しかったです!アボカドは柔らかくなりすぎてからだとすぐに壊れてしまうので、熟しきる前がいいですね。

私ももっと色々試してみたいと思います。また、何か試して欲しい食材があれば教えてください。焼いてみて、またご報告させていただきます。(^^)/
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「優美型」
2018.01.16
洋風墓石(洋碑)こちらは弊社オリジナルデザインとなる「優美型」のお墓です。

こちらのお墓を建てられたお客様は元々お墓を持っていらっしゃいましたが、場所が檜の木の近くにあるため実も落ちて来るし、お墓の周りに雑草も生えて来るので、墓地も移動してお墓も新しくしたいということでご来店されました。そして展示場でお墓を見ていただいた際に洋碑を気に入られ、最終的に「優美型」に決めていただきました。

洋風墓石(洋碑) 洋風墓石(洋碑) 洋風墓石(洋碑)
優美型は、見ての通りお墓の周りに雑草が生えて来る心配がありませんし、葉っぱや実などが落ちてきても掃除しやすいのがポイントです。また、香炉と花立が一体型のものなので隙間ができず、さらに掃除しやすくなっています。

管理がしやすく、綺麗に保ちやすいため、なかなか頻繁にお墓参りに来られない方にもおすすめのお墓です。お客様には「良いお墓にしてもらえた」と、お喜びの声をいただけて嬉しかったです。
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「吸水率の話」
2018.01.12
石の吸水率みなさんは「吸水率」という言葉をご存知ありませんか?普段の生活の中ではあまり聞かない言葉かもしれませんね。「吸水率」とは、字の通り「水を吸収する度合」を示すものです。どんな石でも水を吸うものです。しかし石種によってその度合いが違います。

石は水を吸うと色が濃くなります。乾燥すると元の色に戻ります。このような変化は見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、吸水率の高い石は、吸った水が抜けきれずに蓄積されることがあります。そうすると、色が変わったところが戻らなくなってしまう可能性があります。

墓石も吸水率が大事 ショールームでは吸水率も表記吸水率の低い石は、水を吸いにくいので耐久性に優れています。吸水率が高い石と比べると、劣化しづらく表面の状態を長く維持できます。ですから、お墓を選ぶときにどんな石を選べば良いか迷ったら、この「吸水率」を考慮することもおすすめします。ずっと外で雨や風にさらされるお墓ですので、年月が経つとだんだんと違いが出てきます。

お墓は一度建てたら長く使うものですから、できればずっと綺麗であって欲しいですよね?弊社ショールームの壁に飾ってある石のサンプルは、全て吸水率の調査結果を表示してありますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

また、最初から色の濃い石を選ぶと、変色しても目立ちにくいです。弊社で扱う石の中でも「G654」という濃い色の石がお墓に人気があるのも、それが理由の一つだと思います。ちなみに…「好きな石を選びたいけど、劣化や変色などが心配」という方は、ガラスコーティングをして劣化を防ぐこともできます。お墓にガラスコーティングをすると、汚れを防いでお掃除も楽になるのでおすすめです!(^^)
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「新年の神社参拝」
2018.01.09
あけましておめでとうございます。本年もどうそよろしくお願いいたします。

神社参拝 神社参拝昨日は仕事始めの日でした。社員一同、毎年恒例の桜山八幡宮への神社参拝に行ってきました。安全作業を祈願し、一人ずつ玉串奉奠をしてきました。社員皆が一年健康安全に過ごせることを心から願っています。

その後は…こちらも毎年恒例ですが、社員皆でお昼をいただきました。こうして皆で神社参拝をすることで、改めて新年を迎えたのだなという気持ちになりました。

気持ちも新たに今年も頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。また、皆様にとって良い年でありますように心からお祈りいたします。
お客様係 田中
飛騨のいしやさ日記
「年始のご挨拶」
2018.01.01
明けましておめでとうございます。

旧年中は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございました。本年も何卒倍旧のご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。今年も砂原石材をどうぞよろしくお願いいたします。
砂原吉浩