お電話での石に関するお問い合わせ
お墓や建築資材のお問い合わせ
お墓をしまう
墓石をしまう
墓じまい

墓じまい
近年、「墓じまい」をされる方が増えてきています。「跡継ぎがいない」「金銭的理由でお墓の維持ができない」「遠方に住んでいるのでお墓を管理できない」「高齢となり体の自由が利かずお墓参りもできない」…など、様々な事情からお墓を撤去したり処分したりすることが「墓じまい」です。

お墓を片付けると「ご先祖様に対して失礼にあたる」と気が引ける方もいらっしゃると思いますが、そのまま何もしないでいるとお墓のお世話をする方がいなくなった時に無縁墓になってしまいます。そうなる前にお墓ときちんと向き合い、丁寧に片付けさせていただくことは大切なことであり、決してご先祖様を粗末に扱っているということには当たらないと思います。

ただ、お墓はご家族やご親戚の方にも関わることなので、個人の判断で進めてしまうとトラブルの原因にもなりかねません。よくお話し合いをされて、皆に納得してもらった上で「墓じまい」をご選択されると良いと思います。ご住職にも早めにご相談されることをお勧めします。

そして、取り出した遺骨の行き先も考えなければいけません。別のお墓に移動するのか、永代供養塔などに合葬するのか…ご希望があれば砂原石材でも永代供養塔のご紹介を承っておりますので、遺骨の行き先についてもお気軽にご相談ください。

墓じまいを考える前に…大切なお墓をきれいに直して残しませんか?
遠方などに住んでいたりしてなかなかお墓まいりができず草が生え放題になってしまうなど、お墓の面倒が見切れないために墓じまいを考えられる方もいらっしゃるようですが、メンテナンスが不要になるように「お墓を直す」ことも墓じまいされる前に一度考えてみてください。

石張り加工石張りなどをして草が生えないような加工をすれば、今までより楽に管理できるようになります。ガラスコーティングをすれば汚れもつきにくく、掃除も楽でより綺麗なままお墓を保てるようになりますし、花づつまもりを被せておけば花立にも汚い水も溜まりません。

定期的にお墓参りなどをしてお掃除をしなくても済みますし、お墓をずっとキレイに残していけるようになりますので、「墓じまい」を考えられる前に、ご先祖のお墓を「直して残す」こともぜひ一度お考えください。
お墓を直す場合はこちら
お客様自身で一部書類を発行していただく必要がございます お墓をしまう(墓じまいされる)場合には、お墓のある市町村の改装許可証(市町村の証明書)が必要となります。こちらは業者が代行できませんので、お客様に書類を取得していただく必要がございます。もちろん、書類申請のアドバイスはさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
墓じまいをされる際の流れ
お問い合わせ・現地調査
お客様よりご相談を受けて、ご要望やご意向などをおうかがいします。墓じまいに関することは何でも対応させていただいたおりますので、ご要望や想いなどがございましたらお気軽にお聞かせください。その後、現場も確認させていただきまして、それぞれのお客様に合った最適なプランを作成させていただきます。
お問い合わせ
お打ち合わせ・お見積り
お見積り内容をお客様に説明し、変更箇所があれば修正を繰り返しお客様と一緒にプランを作り上げていきます。
CAD図面作成・お見積り
ご契約
プランとお見積り書を再度確認し、お客様が納得されましたらご契約となります。墓じまいまでのスケジュールや、実際にお墓をしまう日もこの時にお打ち合わせさせていただきます。
ご契約
事前準備
今の墓地の「埋葬証明書」を取得したら、それらを添えて「改葬許可証」を現在お墓のある市町村役場に提出します。
事前準備 事前準備
お経を上げる
お墓を処分する形となりますので、ご先祖様にお許しをいただくべくお経を上げます。
お経を上げる
解体・撤去
細心の注意を払って、墓石の解体と処分を行います。
解体・撤去 解体・撤去
「お墓をなんとかしなければ…」と気になっておられる方は、ぜひ一度お墓の専門家である砂原石材にご相談ください。遠方の方でも全国ネットワークを駆使して全て手配させていただきます。書類申請のアドバイスはもちろん、墓石の処分にお困りの場合も全て対応させていただきます。
墓じまいのご相談はこちら
お墓を建てる お墓を直す お墓のお引越し お墓をしまう お墓を管理する お墓を長期間きれいに保つ方法もあります(雑草、汚れ)