お電話での石に関するお問い合わせ
お墓や建築資材のお問い合わせ
  1. トップページ
  2. 石屋の造るお墓
石屋の造るお墓
石屋の造る墓石
砂原石材の考えるお墓
お墓砂原石材が一番に目指しているお墓は「お参りに行きたくなるお墓」です。ここには「お墓がみんなの集まるところになって欲しい」という願いが込められています。

振り返ると、皆さん何かあったときにはお墓に行っていませんか?良いことがあった時に話しに行ったり、子どもの成長を報告しに行ったり…節目節目はもちろん、何かの折につけお墓を訪れていると思います。そして、この「お話をしにいくところ」というのがお墓本来の役割ではないかと思っています。

お墓は「心のよりどころ」です。お彼岸だけ行くという決まりもありませんので、気が向いた時に気軽に行けばいいと思います。だからこそ、砂原石材では重々しくない石とデザインで、お墓を普段パッと思いついて行けるような場にしていきたいと思っています。

日本全国のお墓を知り尽くしています
砂原石材は、北から南まで日本全国のお墓を知り尽くしています。宗派や地域性についての知識も豊富で、実はこれらの良い部分を色々取り入れても問題はありません。(その理由もきちんとご説明をいたしております。)

また、お墓のことはわからないことも多いと思います。ですから、お客様の不明な点や不安を少しでも取り除けるよう、お墓だけでなくお墓まわりのアドバイスもしたり、お墓に関する手続きも色々サポートしたり…もちろん、お打ち合わせでも手を抜かずお客様が納得していただけるまでご説明を行っています。

全ては、お客様に満足していただけるお墓のため…お墓に関することなら何でもお墓と石の専門家にお任せください!

取り扱える石の種類
砂原石材では飛騨地区の墓地のご紹介もしています
お客様のお声から生まれたオリジナル商品!
砂原石材オリジナル「納骨扉」
実用新案登録済み 新規もリフォームも!
一般の納骨方法
一般的な納骨方法
一般的な納骨では、納骨の際に重い花立や香炉、石蓋を動かさなくてはいけません。また、石蓋のわずかな隙間は浸水の原因にもなります。
扉型の納骨方法
扉型の納骨方法
砂原石材オリジナルの「納骨扉」をつけると重たい石を動かす必要性がなく、扉を開いて簡単に納骨することができます。湿気も溜まりません。
  • 一部の墓石を除いて、古い墓石にも取り付けができます。詳しくはお問い合わせください。
砂原石材オリジナル「水切り」
実用新案登録済み 新規もリフォームも!
一般の水切り
一般の拝石
一般的な形の花立板は真っ直ぐなため、隙間があいていると雨水が侵入する危険があります。そのまま気づかないでいると納骨スペースが水浸しになってしまうことも!
砂原石材オリジナル水切り
砂原石材オリジナル水切り
砂原石材のオリジナル水切りなら、わずかな隙間があいていても凹凸で水の浸入を防ぎます。水が外に流れていくように、少し角度がつけてあります。
  • 「花立板が付く」お墓は和型・洋型問わず施工できます。「静型」などの納骨塔(扉を開ける)タイプや「優美型」などの正面の蓋を取り外すタイプには施工できません。詳しくはお問い合わせください。
砂原石材オリジナル「水鉢」
新規もリフォームも!
一般的な水鉢
一般的な水鉢
上部にくぼみがあり自然に雨水がたまるようになっていますが、汚れや落ち葉もたまってしまいます。
オリジナル水鉢
オリジナル水鉢
水鉢の汚れを防ぐようになっているほか、上部が平らになっていますので湯のみを置くことができます。(ご希望の方には湯呑をつけることも可能です。)
砂原石材オリジナル「花づつまもり」
実用新案登録済み 新規もリフォームも!
花筒に水が入ったままだと、水が腐って汚れや悪臭が出たり、ボウフラがわいてしまったりもします。また、雪が多い地方では、雪が花筒の中に入って凍結してしまうことも少なくありません。でも、お参りした後に「花づつまもり」を被せて帰れば、次に来る時まで花筒がきれいに保たれます。使い方は簡単!このように被せるだけ!
花づつまもり
お墓を建てる お墓を直す お墓のお引越し お墓をしまう お墓を管理する お墓を長期間きれいに保つ方法もあります(雑草、汚れ)