お電話での石に関するお問い合わせ
お墓や建築資材のお問い合わせ
石への想い
石の建築物お墓
溶岩の石臼飛騨溶岩石の溶岩プレート
砂原石材では、お客様への「責任」をとても大切に考えています。「石」という商品を通じてお客様に与えられるもの…それは確かな品質でもあり、間違いのない対応というものなのかもしれません。

砂原石材が創業当初より追い求めているのは「石」の本当の価値の追求と、そしてそれをお客様にきちんと感じていただくということです。そのために日本全国はもちろん、国外の産地も飛び回って「石」の現場を見てきました。

そうやって培った「石」の知識や情報を、プロフェッショナルとしてお客様に提供する…これに勝る喜びはありません。「石」のことなら何でもお気軽にご相談いただければと思います。
「石」に対する想いはどこにも負けません!
お墓の相談会開催!
飛騨のいしやさ日記
「刈払機取扱作業者」
2018.10.15
刈払機取扱作業者こんにちは、お客様係の荒町です。

先日より砂原石材店に勤務しております職人、全員が「刈払機取扱作業者」となりました。これは刈払機取扱作業者安全衛生教育を修了した者という意味です。簡単に言うと「草刈りのプロである」ということです。

「なんだ、草刈りか」と思われませんでしたか?…ごめんなさい、正直私は思いました。しかし、そういう方こそ注意が必要なのです。
安全第一個人でも気軽に購入でき、知識がなくてもすぐに操作できると思われがちな刈払機…しかし安全面を軽視した作業はとても危険で、大きな怪我や最悪の場合、死亡事故に繋がることもあるそうです。毎年事故情報が報告されているので、農林水産省や消費者庁でも注意喚起されています。

考えてみればあんなに鋭利な刃が高速で回転しているのですから、慎重に取り扱わないと危険ですよね。指や脚などの切断、長時間使用による振動障害の発症…取り返しのつかない重篤な事態が起きてしまっては、ご自身も大切な人も悲しみます。

それでも、雑草は気になりますよね。除草剤を撒いて枯れているはずなのに、色が変わっただけで何故か元気な雑草。そもそも近隣にある植物の為に除草剤が撒けない場所。「いつかしよう」と思いながら、そのまま「いつか」が来ていない、いわゆる「草ボーボー」地帯…。

「すっきりしたい」とお考えになられた時には、砂原石材店に「草刈りのプロ」がたくさんいることを少し思い出してくださいね。(^^)
お客様係 荒町
日記バックナンバーはこちら
お墓の花筒の蓋「花づつまもり」
砂原石材の公式インスタグラム
石屋の更新履歴
2018.10.15
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2018.10.12
イベント情報「お墓の相談会&いしの市」を更新しました。「よくあるご質問」を追加しました。「飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2018.10.10
よくあるご質問」を追加しました。
2018.10.09
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2018.10.05
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
今までの更新履歴はこちら