お電話での石に関するお問い合わせ
お墓や建築資材のお問い合わせ
石への想い
石の建築物お墓
溶岩の石臼飛騨溶岩石の溶岩プレート
砂原石材では、お客様への「責任」をとても大切に考えています。「石」という商品を通じてお客様に与えられるもの…それは確かな品質でもあり、間違いのない対応というものなのかもしれません。

砂原石材が創業当初より追い求めているのは「石」の本当の価値の追求と、そしてそれをお客様にきちんと感じていただくということです。そのために日本全国はもちろん、国外の産地も飛び回って「石」の現場を見てきました。

そうやって培った「石」の知識や情報を、プロフェッショナルとしてお客様に提供する…これに勝る喜びはありません。「石」のことなら何でもお気軽にご相談いただければと思います。
「石」に対する想いはどこにも負けません!
お墓の相談会開催!
本社ショールーム
高山ショールーム
飛騨のいしやさ日記
「冬支度」
2019.11.12
こんにちは。いよいよ飛騨地方の天気予報にも、雪マークが出るようになりました。今週末には雪が見られるような予報となり、冬支度を始める人たちの姿も見られることでしょう。

飛騨地方では降雪量も多く、多くのお墓が雪に埋もれてしまいます。春の彼岸にお墓参りが出来ない墓地も少なくありません。そのため、お墓の雪支度をされるケースも見られます。墓前灯籠の周囲に木製の柱で転倒防止のための囲いを作ったり、花立が凍結で割れないようにビニールなどで覆いをしたりと、様々な工夫をされています。

お墓参り近年のお墓は耐震補強をしてあったり、灯籠にも倒壊防止の施工がしてあったり、花立もステンレス製の花筒が取り付けてあったりと、冬支度をしなくても冬を越すことが出来るようになっています。

当然、それ以前に建っているお墓にもそのような施工や対策は今からでも可能なケースも多いので、ご心配な方やお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

お墓を守る方たちに、冬を迎える寒い時期に寒い中で冬支度をしたり、冬が来るたびに心配をされることなく春を迎えてほしいと願います。
砂原吉浩
日記バックナンバーはこちら
ふるさと納税
お墓の花筒の蓋「花づつまもり」
砂原石材の公式インスタグラム
石屋の更新履歴
2019.11.12
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.11.05
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.11.01
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.10.28
飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.10.23
イベント情報に「第4回すなはら石フェス」を追加しました。「飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
2019.10.15
イベント情報「お墓の相談会&いしの市」を更新しました。「飛騨のいしやさ日記」を更新しました。
今までの更新履歴はこちら